北海道神宮

久しぶりにライラックの季節の札幌です。

北海道神宮での結婚式に参列させていただきました。

 

過去「蝦夷地」等と呼ばれていた北海道は、日本の国土としてより明確にする為に、「北海道」と名づけられた。

ということはよく知られています。

 

説明によると

 

明治天皇により、北海道の開拓・発展の守護神として、

 

大国魂神 (北海道の国土の神様)

大那牟遅神(国土経営・開拓の神様)

少彦名神 (国土経営・医薬・酒造の神様)

 

三柱の神々(開拓三神)が鎮斎されたそうです。

その神々が祭られているのが北海道神宮です。

 

 

P1000576(1).JPG

P1000591(1).JPG

本当に久しぶりの爽やかな青空の下、

厳粛な雰囲気とワクワクするような感覚のある

すばらしい結婚式でした。 

神楽の音も、三三九度の盃のとりかわしもとても新鮮で

心に響きました。

 

本当におめでとうございます。

そしてお二人に感謝です。

これからもいっそう幸せになることまちがいなし。

 

ラ・レトリなかしべつ

月別アーカイブ