武佐の子たちの版画カレンダー

いよいよ年末に向け製造の予定など考えカレンダーを眺めていました。
 
ハリストスブログ.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
 
見ていたのは版画のハリストス正教会。
 
残念ながら、いまだ中に入ったことがありません。
 
信者さんはもちろん、地元にとっても歴史を感じられる遺産です。
 
東方正教会=ハリストス正教会
 
ロシアや東欧に信者が多く、やはり西方教会ほどには 
信者さんは多くないそうです。
 
ハリストス正教会で一番印象的なのは神田のニコライ堂でしょうか。
 
神田の学生の頃、巨大な異文化建築物というイメージがありました。
 
そういえば、あの建物の頭のところがロシアっぽい感じでした。
 
上武佐のハリストス正教会はとてもかわいい建物です。
 
中には「山下りん」作12大祭イコンがあります。
 
この方の人生も複雑なものがあるようです。
 
これは見る価値があります。
 
イコン→
文字の読めない信者が理解できるようにキリスト、聖書の内容、歴史的出来事などを描いた絵のこと。
 
そして武佐小中学校の生徒さんが作り続けたこの版画、今年いっぱいで終了かもしれません。
 
この版画も武佐の歴史です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ラ・レトリなかしべつ

月別アーカイブ